イマどき!ジェーイーエル

  • イマどき!タイトル画像
写真1 写真2

2021年6月22日

ジェーイーエルのSDGsへの取り組み

昨今メディアのみならず、身近な会話レベルにおいても、「SDGs」という単語をよく耳にするようになりました。
しばらく前までは「カラフルな円環状のマーク」という程度の認識レベルでしたが、最近は社会全体においてSDGsが頻繁に取り上げられるようになり、私たちの生活意識や行動の変化にも影響を与えるようになりました。
弊社においても、SDGs(持続可能な開発目標)はむろん他人事ではありません。
ジェーイーエルでは、半導体搬送ロボットのメーカーとして、SDGsの17の開発目標から以下の3つを重点的に掲げています。

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
9 産業と技術革新の基盤をつくろう
12 つくる責任 つかう責任

弊社は、再生可能エネルギー導入への取り組みをはじめとして、環境への負荷が少ない製品の開発に日々取り組んでいます。
私たちが使用するエネルギーが、二酸化炭素排出を減らす再生可能エネルギーであれば、地球温暖化の解決に繋がっていきます。
また、高性能な半導体を製造する装置の一端を担うことで、半導体を利用した様々な社会問題解決への役割を果たせるでしょう。
SDGsへの取り組みが今後の未来への足掛かりとなり、地球に住む全ての人の永続的な生活を支えていくこと、これが私たちの願いであり、持続可能な開発目標です。

ジェーイーエルのSDGsへの取り組みはこちらからもご覧になれます。