オーバーホールのご案内

弊社ロボットをお使いのお客様へ

平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

弊社ロボットをより長くお使い頂くためや、機能の維持のために是非オーバーホールをお勧めします。以下にロボットオーバーホールプログラムについての概要をご案内させて頂きますので、お気軽にご連絡ご相談ください。また、より弊社のロボットを熟知して利用したい、あるいは自社で簡単な保守作業をしたいとお考えのお客様には、そのための研修トレーニングプログラムもご用意しておりますので、お気軽にご用命ください。

目的・概要
長期間ご使用頂いたロボットの消耗・摺動・破損部品などを交換し、その後の稼働時間を維持します。
推奨実施時期
弊社出荷日より5年(設置環境、稼動状況により前後します)
※特殊環境対応の場合は1~2年で推奨している製品もございます。ご不明な場合は別途お問い合わせ下さい。
交換部品
電装品(モータ、エンコーダ、センサ、配線など)
摺動部品(ベアリング、タイミングベルト、ボールネジなど)
消耗部品(Oリング、パッキン、可動部ケーブルなど)
破損部品(機能上問題がない場合は破損状況をご説明しますのでお客様より交換可否判断を頂きます)
主な作業
状態確認
分解、組立、各種調整
機能検査
保証
交換した部品が当社の瑕疵により出荷後6ヶ月以内に破損した場合は、無償にて交換致します。
納期(弊社へご返却頂いてから出荷するまでの目安)
半導体ロボット:約1.5ヶ月
液晶ロボット:約2ヶ月
※お急ぎの場合は別途ご相談下さい。事前に部品調達、生産工程調整などを行い、短納期にも対応致します。
※また、標準機を採用頂くことにより2週間以内の出荷(※JEL工場出荷ベース)も対応可能となります。
価格
御見積書を提出させて頂きますので、製造番号(ロボット本体に打刻6~8桁の数字)をお知らせ下さい。交換部品の削減など、お客様のご予算に応じて対応可能です。
オーバーホールプログラム・研修トレーニングプログラムのご用命やご質問などは下記までご連絡願います。

ご質問またはご不明な点につきましては、弊社サービス技術グループまでお問い合わせ下さい。