設定8:マッピング(ワークサーチ)スピードの設定(WSP設定)

    マッピング(ワークサーチ)を行なう際のスピードを設定します。
    ※仕様によりWENDコマンドが使用できない場合があります。
    設定単位は取扱説明書の各種パラメータ設定/速度の説明に記載のOHと同じで4桁10進数です。

    マッピング(ワークサーチ)スピードの設定はシリアル通信で行ないます。

    コマンド
    [$][B#][W][S][P][DEC][CR]
    [DEC]
    マッピング(ワークサーチ)時のスピードを入力してください。
    [無/DEC]
    現在設定されているデータの取得/設定するデータ
    注意
    ※マッピング(ワークサーチ)速度が速いとマッピング(ワークサーチ)結果が正しく検出できない場合があります
    ※マッピング(ワークサーチ)速度が速くなると実際のワーク幅に対して、検出幅が小さくなる傾向があります

    以上でマッピング(ワークサーチ)に必要なパラメータ設定は完了しました。
    全ての設定したデータはコマンド [AW]  [DW] でEEPROMに記憶されます。
    次は実際にマッピング(ワークサーチ)を実行します。