6. ファイル

6.1 ファイルを開く

  • ファイルを開く画面

    図6-1

データファイルを指定しAデータ、Iデータ、Dデータ、パラメータ(対応時のみ)の読み込みを行います。(図6-1、6-2)
読み込み時にはステータスバーにメッセージが表示されます。

注意
読み込むデータファイルがコントローラの設定と異なる場合はファイルリードエラーが発生します。[コントローラの設定]にてデータファイルと一致するコントローラの設定(ロボットの選択)を行った後にファイルの読み込みを行ってください。
  • データファイルを指定する画面

    図6-2 ファイル読込み中

6.2 ファイルに保存

  • ファイルに保存する画面

    図6-3

データファイルを指定しAデータ、Iデータ、Dデータ、パラメータ(対応時のみ)をファイルに保存します。ファイル選択画面にて保存データをチェックボックスで選択(複数選択可)し、[決定]ボタンをクリックします。(図6-4)
(パラメータは対応時のみ表示されます。)
保存データ選択後、指定ファイルに保存します。(図 6-5)
保存時にはステータスバーにメッセージが表示されます。

  • 保存するファイルを選択する画面

    図6-4

  • データファイルを選択する画面
  • ファイル保存中の画面

    図6-5 ファイル保存中