設定12:マッピング(ワークサーチ)検出幅の読出

    設定10:マッピング(ワークサーチ)実行後、ワークを検出した幅の結果を読み出します。
    マッピング(ワークサーチ)検出幅の読出しはシリアル通信で行ないます。
    下記のコマンドでワークを検出した幅の結果を読み出します。

    コマンド
    [$][B#][W][F][W][CR]
    コントローラからの応答
    [ > ][$][B#][WID1][,][WID2]~[,][WIDn][CR]
    戻値(サーチ結果)
    [WID]
    検出幅のデータ。符号無し3桁の10進数。
  • 設定3:カセット段数の設定(WFC設定)分の読み出します。
  • 例:ロボット$1、カセット25段、全てにワークがあり、斜め置きや厚み異常がなく検出した幅が全て100の場合の出力
     > $1100,100,100,100,100,100,100,100,100,100,100,100,100,100,100,100,100,100, 100,100,100,100,100,100,100

※厚みは実際のワークの厚みとは異なります。
設定8:マッピング(ワークサーチ)スピードの設定(WSP設定)が速くなると、実際のワーク幅に対して検出幅が小さくなる傾向があります。